マイナンバー 罰則 一覧

マイナンバー 罰則 一覧

マイナンバー制度において、一番心配されている事が、漏えいです。マイナンバーを漏えいする事で、様々な悪用に使用されるリスクは高くなっています。その為、マイナンバーにおいての漏えいには、厳しい罰則が適応される事になっています。それは、個人情報保護法より思い罰則になっているほどです。
例えば、マイナンバーを管理する事務員などが、第三者にマイナンバーを提供した場合、4年以下の懲役、200万円以下の罰金、また、それらの併用も考えられる罰則になっています。
その他、脅迫や暴行を行い、マイナンバーを取得した場合は、3年以下の懲役、または、150万円以下の罰金となっています。また、他人に偽り不正所得した場合でも、6か月の懲役、または、50万円以下の罰金となっており、どのような場合でも、罰則があると言う事になっているのが、マイナンバーの漏えいです。
その為、社員のマイナンバーを預かる会社にとっても、しっかりとした管理と従業員に対しての教育が必要になってきます。マイナンバーの保管場所の徹底をはじめとし、利用目的を明確にした上での利用の徹底を心がけ、社員の大切な個人情報をしっかい管理する事が大切になってきます。
マイナンバーの場合、自宅で個人が管理するほか、会社やその他、様々な場所に提示する事が多く、その機会が増えれば増えるほど、漏えいの危険性が高くなってきます。
その為、自分自身でも、しっかりとした管理を徹底していかなければならないものになってきます。

 

 

マイナンバーが漏えいした場合の危険性が高い

 

マイナンバー制度では、行政機関でのサービス、利便性の向上といった部分を政府は協調しますが、個人情報の宝庫とされるマイナンバーに関しては、情報漏えいが危惧されています。
 そもそも、マイナンバーを管理する行政機関において、最近でも保険年金機構のパソコンが不正アクセスされて情報漏えいが起こってしまっていますが、マイナンバーを統括する政府の情報管理に関してマズ不安が残ります。政府としては、ファイアーウォールを強固にしたり、情報にふれることが出来る人間をごく少数にするなどの対策を公言していますが、パソコンなどのセキュリティに関しては、ハッカーなどの攻撃はとても技術的にも高度なものですから、その対策が万全かというところには不安が残ります。
 また、行政機関だけでなく、一般の企業においてもマイナンバーを管理する事になりますが、行政機関以上に対策が遅れているのが民間です。また、民間企業においてはまだ、マイナンバーを取り扱うことに関するセキュリティに関して意識が低いことが現状で、対策がきちんと取られていない企業もたくさんあります。
 早期の実施に取り掛かっている政府ですが、実行の前にきちんとした対策を取ることが重要であり、まだそのセキュリティ対策は十分とは言えず、情報漏えいの危険性は高いといわざる負えず、今以上に、行政機関や民間企業は、マイナンバーを取り扱うことへの危機感を持つとともに、われわれ自身もマイナンバーカードの紛失などを絶対しないように注意が必要です。